2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 【たび】西安(シーアン)今昔 | トップページ | 正倉院事務所のHPがリニューアル »

2011年1月12日 (水)

百済の「赤米」木簡

日本の木簡研究の発展が、正倉院文書の存在なしには語れないことは、いまや周知の事実でしょう。8世紀の文書資料群が、そのまま残されている稀有な存在として、正倉院文書は出土文字資料の研究に大きな役割を果たしてきました。

こうした状況は、もはや日本国内だけのものではありません。近年、韓国でも木簡の出土があいつぎ、木簡研究がさかんになりつつあります。そして韓国木簡を検討する場でも、正倉院文書は活用されています。そうした状況を最新ニュースからご紹介します。

Cocolog_oekaki_2011_01_12_17_31

百済木簡から「赤米」の文字を確認 (連合ニュース 2011年1月10日)

Photo

古代日本の木簡や古文書に、朝廷への献上物として時おり見られる、米の一種「赤米」。この「赤米」が、百済時代の木簡からも確認された。

埋蔵文化財専門調査機関である扶余郡文化財保存センターは、昨年10月、忠南扶余邑旧衙里に所在する、扶余中央聖潔教会の増築工事予定地を発掘調査した結果、百済時代の木簡8点を収拾し、そのうち1点に「太公西美前部 赤米二石」と読める墨書が確認されたことを、10日発表した。保存センターは今回の発掘成果を、今月7日に清渓川文化館で開かれた韓国木簡学会定期発表会において報告した。

                     foot

この木簡によって初めて確認された「赤米」は、日本では飛鳥京遺跡出土木簡中に、朝廷へ捧げる献上物のひとつとして見られ、藤原京や平城京などの木簡にも見ることができる。さらに、日本古代皇室の宝物倉庫である正倉院に所蔵された文書中にも、地方から中央朝廷に赤米を献上したという記録がある。

このような日本の発掘成果をふまえると、今回扶余で出土した木簡に見える「赤米」もまた、地方から捧げられた貢物の一種と推測される。

あわせて他の木簡からは、百済の5つの首都行政区域のうち、「前部」「中部」「下部」の文字が発見され、百済行政統治の実状を垣間見ることができる。

また調査では、多量の木製品や磁器類、土器類、金属類、石器類、草本類、動植物遺体類などの、百済時代の遺物が確認された。 今回確認された一部遺跡では寄生虫が検出され、トイレ遺構との推定も出ている。

Cocolog_oekaki_2011_01_12_17_31

さっそく、奈良文化財研究所の木簡データベースで「赤米」を検索してみると、18点ヒットしました。平城宮出土が11点とダントツに多く、そのほかに藤原宮・飛鳥京・石神遺跡などがあります。記事のとおり、地方から献上された「赤米」につけられた荷札が多いようです。

そのなかに、平城宮造酒司推定地からの出土木簡も含まれているのが注目されます。「尾張国正税帳(天平六年度)」によると、大炊寮に酒料として赤米 が納められているのです(大日古1-608)。また「大倭国正税帳(天平二年度)」にも「赤舂米」が登場します(大日古1-398,405,408,411)。

                                     foot

関根真隆『奈良朝食生活の研究』(吉川弘文館、1969年)で、「赤米」の項目を参照してみましょう(17頁)。ここでは、正税帳のほかにも「越前国足羽郡書生鳥部連豊名解(天平宝字三年五月廿一日)」(大日古4-366)を示した上で、「これら大和、尾張、越前、あるいは(出土木簡より)播磨等各地に 産しており、当時かなり広範囲に栽培されていたことを思わす」と述べておられます。

また関根氏は、コメに関する専門的研究を参考に、「赤米とは悪条件に強いより野生的な米であったのであり、これは今日からみてかなり粗放であった と思われる奈良時代の稲作に適した品種であった」とされています。

さらに、「杜甫や蘇東坡の詩にみる紅蓮米・桃花米・紅鮮・紅罷亜などはこの赤米のことというが、さすれば中国においても八~十二世紀頃に栽培してい たことは確実で、わが奈良時代の赤米もいずれ大陸より伝来したものとみて間違いあるまい」とあります。

                                     foot

今回の百済木簡の発見は、日本史の立場からみれば、赤米伝来の足跡を文字資料によってつかまえることができた、とも評価することができるでしょう。 新しい発見が続く韓国木簡。これからも目が離せませんね。

« 【たび】西安(シーアン)今昔 | トップページ | 正倉院事務所のHPがリニューアル »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1410821/38438920

この記事へのトラックバック一覧です: 百済の「赤米」木簡:

« 【たび】西安(シーアン)今昔 | トップページ | 正倉院事務所のHPがリニューアル »