2022年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月

2011年10月31日 (月)

【訃報】皆川完一先生

本研究会の初代代表 皆川完一(みながわ・かんいち)先生におかれましては、2011年10月28日にご逝去されました。翌日開催の本研究会大会に向かわれる途中、京都駅でお倒れになったと伺っております。享年83。

ここに謹んでお知らせし、先生のご冥福をお祈りいたします。

先生は1928年新潟県のお生まれ。東京大学史料編纂所・愛知学院大学・中央大学にお勤めになりました。正倉院文書研究を常に牽引してこられ、本研究会の創設メンバーとして会の発展にご尽力くださり、初代代表もつとめられました。

2011年10月18日 (火)

『正倉院文書研究』12 刊行のおしらせ

会誌最新号が刊行されました。

『正倉院文書研究』12 (正倉院文書研究会編、吉川弘文館、2011.11刊、定価6000円+税)

目次

宝亀年間の布施申請解案の考察 ………………………………… 市川理恵

正倉院文書中の経師等貢進文について ………………………… 佐々木恵介

「下纏」と「式」「敷」 ………………………………………………… 渡部陽子

造石山寺所の給付体系と保良宮 ………………………………… 鷺森浩幸

宮内庁書陵部所蔵『東大寺所蔵古文書』について ……………… 森哲也

「未修古文書目録」と「続々修正倉院古文書目録」の対照表(二)… 西洋子・矢越葉子

口絵 三野部石嶋造紙裹紙と平城宮五六号木簡 ……………… 飯田剛彦

2011年10月14日 (金)

「日本の写経」展覧会のおしらせ

              終了しました           

東京で古写経の展覧会が開催されます。奈良時代の写経も展示されます。

Cocolog_oekaki_2011_10_14_16_41

センチュリー文化財団寄託品展覧会「日本の写経」

11月1日(火)~11月17日(木) 10:00~17:00(土日・祝日休)

会場:慶應義塾大学アート・スペース(南別館1階)

主催:アート・センター、慶應大学附属研究所斯道文庫(問合せ03-5427-1582)

※入場無料、11月4日(金)には記念講演会もおこなわれます。

http://www.sido.keio.ac.jp/index.php

Cocolog_oekaki_2011_10_14_16_41

 奈良国立博物館・今後の予定 

12月6日~12月25日 名品展「珠玉の仏教美術」

 ※「浄野人足解(宝亀五年十月十六日)」が展示されます。これは正倉院から巷間に流れた文書の一つです。『正倉院文書拾遺』には所蔵者不詳として掲載されていますが、その後、奈良国立博物館の所蔵品になりました。奈良~鎌倉時代の写経断簡を多く集めた手鑑「紫の水」に収められています。また、同じ展覧会場では、天平十三年に左京の高史千島らが発願して書写させた「大般若経」の遺品も同時に展示されます。

http://www.narahaku.go.jp/exhibition/2011mei/2011mei_77_shoseki.html

12月18日(日) サンデートーク「写経生の労務管理」 講師:野尻忠氏

http://www.narahaku.go.jp/events/sunday.html

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »