« 万昆嶋主解(東博)・『称讃浄土経』(奈良博)が展示中です【終了しました】 | トップページ | 五島美術館で正倉院文書の展示【終了しました】 »

2013年5月15日 (水)

『正倉院紀要』35号が刊行されました

正倉院のホームページにて、全文をPDFファイルで読むことができます。

正倉院HPhttp://shosoin.kunaicho.go.jp/shosoinPublic/top.do

                   fish

目次

木画紫檀碁局と金銀亀甲碁局龕…………………………西川明彦

鳥兜様の楽帽に関する復元的考察………………………山片唯華子

年次報告

『国家珍宝帳』に見える屏風の成立について……………米田雄介

正倉院宝物「螺鈿紫檀五絃琵琶」模造品作成事前調査(楽器本体)調査所見……横山円音

                      fish

年次報告には、鎮壇具として用いられた品々の出蔵を記録する雑札(倉札)や、墨書のある薬袋などの調査報告が、鮮明な写真とともに掲載されています。

米田論文では、屏風の産地や製作年代を、雑物出入帳や墨書銘文を駆使して詳細に論じています。また山片論文では、残欠となった舞楽の被り物について、脱落した透彫金具の配置を復元して、本来の華やかな姿をよみがえらせています。

« 万昆嶋主解(東博)・『称讃浄土経』(奈良博)が展示中です【終了しました】 | トップページ | 五島美術館で正倉院文書の展示【終了しました】 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1410821/51561387

この記事へのトラックバック一覧です: 『正倉院紀要』35号が刊行されました:

« 万昆嶋主解(東博)・『称讃浄土経』(奈良博)が展示中です【終了しました】 | トップページ | 五島美術館で正倉院文書の展示【終了しました】 »