« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »

2014年10月

2014年10月12日 (日)

歴博で日韓古代文字資料を約300件展示【終了しました】

国立歴史民俗博物館(千葉県佐倉市)で、日本約220点、韓国約80点、合計約300件の古代文字資料が一同に会します。正倉院文書研究に関連する資料も多数展示されます。

                        maple

国際企画展示「文字がつなぐ-古代の日本列島と朝鮮半島-」
期間 :2014年10月15日(水)~12月14日(日)
     9時30分~16時30分(入館は16時00分まで)
会場 :国立歴史民俗博物館 企画展示室A・B
休館日:月曜日(休日の場合は翌日が休館日となります)

https://www.rekihaku.ac.jp/exhibitions/project/index.html

                        maple

上記の歴博HPには、主な展示資料リストが掲載されています。
その中から正倉院文書や奈良朝写経に関連しそうなものは…

買新羅物解文書(重文):(尊経閣文庫蔵)
万昆嶋主請暇解(重文):(奈良国立博物館蔵)
錦部君麻呂手実:(天理大学附属天理図書館蔵)
新羅飯万呂請暇解:(国立歴史民俗博物館蔵)
王広麻呂手実:(同上)
  *
金光明最勝王経(百済豊虫願経)(国宝):(西大寺蔵)
判比量論(重文):(大谷大学博物館蔵)
長屋王願経:(宮内庁書陵部図書寮文庫蔵)
四分律巻第十七:(東京国立博物館蔵)
大方広仏華厳経(新羅経)(重文):(東大寺図書館蔵)
紫紙金字大方広仏華厳経巻第六十三(重文):(国立歴史民俗博物館蔵)
  *
正倉院文書 複製:(国立歴史民俗博物館蔵)

などなど、豪華なラインナップになっております。
この他にも日韓の興味深い資料群をまとめて鑑賞することのできる、貴重な機会となっております。たとえば、

「十石入瓫」銘甕:(大韓民国国立慶州博物館蔵)

など、「どうやって日本まで運んだのだろう?!」と驚かれることでしょう。下記のフォーラム・講演会とあわせて、ぜひご予定ください。

                        maple

歴博フォーラム第95回「古代アジアの文字文化交流」
日時:11月1日(土) 10時00分~15時00分
会場:国立歴史民俗博物館 講堂
講師:安部聡一郎(金沢大学)、李京燮(東国大学)、田中史生(関東学院大学)、仁藤敦史(国立歴史民俗博物館)、三上喜孝(国立歴史民俗博物館)、平川南(人間文化研究機構)、橋本繁(早稲田大学)
司会:小倉 慈司(国立歴史民俗博物館)
定員:260名(先着順)
備考:参加無料、要事前申込

歴博講演会第371回「文字文化から見た古代の日本と朝鮮」
日時:11月8日(土) 13時00分~15時00分
会場:国立歴史民俗博物館 講堂
講師:小倉 慈司(国立歴史民俗博物館)
定員:260名(先着順)
備考:聴講無料、申込不要

« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »