« 歴博研究報告「正倉院文書の高度情報化研究」特集号が刊行 | トップページ | 『正倉院紀要』第37号が刊行されました »

2015年4月15日 (水)

「平安古経展」開催中【終了しました】

奈良国立博物館で、「12世紀半ばまでの経典発展史」がわかる展覧会が開催中です。

                        bud

特別展「まぼろしの久能寺経に出会う 平安古経展」

会場:奈良国立博物館

会期:2015年4月7日(火)~5月17日(日) 9:30~17:00(毎週金曜日は~19:00)

    ※毎週月曜日休館、ただし5月4日(祝)は開館、5月7日(木)は休館

http://www.narahaku.go.jp/exhibition/2015toku/heiankokyou/heiankokyou_index.html

                        bud

保存修理が終わり、華麗な往時の姿を取り戻した「久能寺経」を中心に、久能寺経に至る装飾技術や写経形式の発展の歴史を、整理して展示してくれています。

奈良時代の国家主導型写経事業は、平安時代に入ってどのような変化を遂げていくのでしょうか。一切経の地方・貴族層への広がり、経塚に埋納された多様な素材の経典、印刷されたものや金泥・銀泥などの装飾を凝らされた経典など、様々な姿をした経典の数々をまとめて観ることができます。

« 歴博研究報告「正倉院文書の高度情報化研究」特集号が刊行 | トップページ | 『正倉院紀要』第37号が刊行されました »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1410821/59650022

この記事へのトラックバック一覧です: 「平安古経展」開催中【終了しました】:

« 歴博研究報告「正倉院文書の高度情報化研究」特集号が刊行 | トップページ | 『正倉院紀要』第37号が刊行されました »