« 立川で正倉院文書の連続講座がひらかれます【終了しました】 | トップページ | 京博で「仏法東漸―仏教の典籍と美術―」展が開催されます【終了しました】 »

2015年6月24日 (水)

奈良博で「白鳳―花ひらく仏教美術―」展が開催【終了しました】

奈良国立博物館で、正倉院流出文書や、その他の奈良時代古文書も展示される特別展が開催されます。

                      snail

開館120年記念特別展「白鳳―花ひらく仏教美術―」

会 期:2015年7月18日(土)~9月23日(水・祝)
会 場:奈良国立博物館 東新館・西新館
休館日:毎週月曜日と7月21日(火)
    ※ただし7月20日(月・祝)、8月10日(月)、9月21日(月・祝)は開館

http://www.narahaku.go.jp/exhibition/2015toku/hakuhou/hakuhou_index.html

                      snail

史上空前の規模で、魅せます!
正倉院流出文書も出ます!
――筑前国嶋郡川辺里大宝二年戸籍(奈良博所蔵)※会期中展示替えあり
それ以外の奈良時代の古文書も出ます!――大安寺伽藍縁起并流記資財帳(歴博所蔵)※会期中展示替えあり
「天皇」木簡も!※展示期間は2週間限定
天理図書館本『日本書紀』も!(戦国時代の写本)
七大寺日記、七大寺巡礼私記も! ※会期中展示替えあり
玉葉、類聚三代格、扶桑略記も展示されます(近世・近代の写本・版本)

                      snail

【以下、終了しました】

また現在、奈良博では初公開の古代文書を展示中です(~6月28日(日)まで)
天永二年東大寺注進状案(遠江国条里坪付帳断簡紙背) 1巻
本文書は、最近館蔵品に加わったもので、『平安遺文』4巻1591頁の1756には松浦厚氏所蔵として掲載されているものです。
これには紙背文書があり「遠江倉印」が捺されています。詳しくは皆川完一「幻の遠江倉印」(『正倉院文書と古代中世史料の研究』吉川弘文館、2012年所収)をご参照ください。

« 立川で正倉院文書の連続講座がひらかれます【終了しました】 | トップページ | 京博で「仏法東漸―仏教の典籍と美術―」展が開催されます【終了しました】 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1410821/60494650

この記事へのトラックバック一覧です: 奈良博で「白鳳―花ひらく仏教美術―」展が開催【終了しました】:

« 立川で正倉院文書の連続講座がひらかれます【終了しました】 | トップページ | 京博で「仏法東漸―仏教の典籍と美術―」展が開催されます【終了しました】 »