2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 『上代写経識語注釈』(上代文献を読む会・編)が刊行されました | トップページ | 『正倉院紀要』第38号が刊行されました »

2016年5月 4日 (水)

宮内庁書陵部収蔵漢籍画像公開記念国際研究集会のおしらせ【終了しました】

宮内庁所蔵漢籍についての研究集会が開催されます。書陵部所蔵の今更一部一切経についての報告もあり、またこの研究集会にあわせて、経巻も含んだ書陵部所蔵漢籍の善本のカラー画像がネット公開されるとのことです。ぜひご参加ください。

                      cat     cat     cat

慶應義塾大学附属研究所斯道文庫では、下記のイベントを共催します。奮ってご参加下さるようお願い申し上げます。

宮内庁書陵部収蔵漢籍画像公開記念国際研究集会
日本における漢籍の伝流
−デジタルアーカイブ「宮内庁書陵部収蔵漢籍集覧」の視角−

日時: 平成28年6月4日(土)10:00〜17:30
会場: 慶應義塾大学三田キャンパス北館ホール
主催: 書陵部漢籍研究成果報告会実行委員会 
http://www.sido.keio.ac.jp/

プログラム:
第Ⅰ部 研究報告Ⅰ 仏典と漢籍旧鈔本
 
「宮内庁書陵部所蔵の聖語蔵関係経巻について」 小倉慈司(国立歴史民俗博物館准教授)
 「『古文孝経』永仁五年写本の問題点」 佐藤道生(慶應義塾大学文学部教授)
第Ⅱ部 講演とシンポジウム「漢籍研究とデジタルアーカイブ」
 「アメリカ合衆国における漢籍研究とデジタルアーカイブ」 マーティン ヘイドラ氏(プリンストン大学東アジア図書館長)
 「韓国伝来漢籍の研究とデジタルアーカイブ」 沈慶昊氏(高麗大学校漢文学科教授)
 「日本漢籍の研究とデジタルアーカイブ」 陳正宏氏(復旦大学古籍整理研究所教授)
 「蔵書概説データベースの効用」高橋智(慶應義塾大学附属研究所斯道文庫教授)
 司会:金 文京(鶴見大学文学部教授・京都大学名誉教授)
第Ⅲ部 研究報告Ⅱ 宋元版と家別け文庫
 「書陵部本宋版論衡について」 矢島明希子(慶應義塾大学附属研究所斯道文庫研究嘱託)
 「徳山毛利家旧蔵「伝奇四十種」所収『楊東来先生批評西遊記』の書名改刻をめぐって―原題は『李卓吾先生批評西遊記』か?―」 上原究一(山梨大学大学院総合研究部准教授)


【参加無料・登録不要】
広く漢籍と、日本文化研究に関心ある皆様のご参加をお待ちしております。

« 『上代写経識語注釈』(上代文献を読む会・編)が刊行されました | トップページ | 『正倉院紀要』第38号が刊行されました »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1410821/65307180

この記事へのトラックバック一覧です: 宮内庁書陵部収蔵漢籍画像公開記念国際研究集会のおしらせ【終了しました】:

« 『上代写経識語注釈』(上代文献を読む会・編)が刊行されました | トップページ | 『正倉院紀要』第38号が刊行されました »