2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 2016年5月 | トップページ | 2016年9月 »

2016年7月

2016年7月13日 (水)

講演・シンポジウム「漢字文化の受容」が開催されます【終了しました】

奈良県立万葉文化館で講演会、奈良女子大学でシンポジウムが、連続して開催されます。特に後者では、書状という視点からみた正倉院文書をめぐる研究報告を聞くことができるようです。
一般参加の場合は申込手続き不要、研究者として参加の場合には8月16日までに申込みが必要です。詳しくは下記サイトをご覧ください。

http://www.nara-wu.ac.jp/kodai/wakate/wakate2016.pdf

                       loveletter

漢字文化の受容東アジア文化圏からみる手紙の表現と形式―

主催:奈良女子大学古代学学術研究センター
共催:奈良県立万葉文化館
    科学研究費基盤研究B「海外敦煌書儀・六朝尺牘文献の古代日本への受容実態の解明」
(代表:信州大学西一夫)

                       loveletter

公開講演会 日時:8月21日(日)13時~16時30分
         会場:奈良県立万葉文化館
         受付:12時30分~、無料
 
手紙の作法――書儀の実践・応用
    講師:京都大学非常勤講師 山本孝子氏
 
書の筆法から見る木簡・尺牘の世界
    講師:大東文化大学教授 河内利治氏

                       loveletter

シンポジウム 日時:8月22日(月)10時~16時
          会場:奈良女子大学文学系北棟202教室、無料
 
『杜家立成雑書要略』の書儀的表現
    報告者:信州大学教授 西一夫氏
 
書状と公文―正倉院文書の書状をめぐって―
    報告者:九州女子大学教授 奥田俊博氏
 
写経生・実務担当者の選択―「啓」という書式を選ぶ時―
    報告者:奈良学園大学教授 桑原祐子氏
 
古文書と古往来―日本の書札礼の周辺―
    報告者:関西大学教授 乾善彦氏
 
全体討論
    司会:奈良女子大学教授 奥村和美氏

2016年7月 6日 (水)

『正倉院文書の歴史学・国語学的研究―解移牒案を読み解く―』が刊行されました

正倉院文書のなかでも、もっとも難解な解移牒符案の論文集がでました。

                      pencil

栄原永遠男編『正倉院文書の歴史学・国語学的研究―解移牒案を読み解く―』
和泉書院(日本史研究叢刊30)
2016年6月25日発売
ISBN:978-4-7576-0803-0 C3321
定価(税込)¥13,500

http://www.izumipb.co.jp/izumi/modules/bmc/detail.php?book_id=129083&prev=new

                      pencil

目次
序―扉をすこし開けたこと―(栄原永遠男)
天平宝字期の解移牒案について(山下有美)
桴工達の訴え―下道主の文書作成の苦心―(中川ゆかり)
正倉院文書における文末の「者」(桑原祐子)
「并」字の使用法から文字の受容・展開を考える―「並」「合」との比較から―(方国花)
解移牒符案にみえる訂正方法とその記号について(井上幸)
正倉院文書における督促の表現―「怠延」を中心に―(根来麻子)
古代日本独自の用法をもつ漢語―「返却」「却還」「還却」「解却」―(宮川久美)
写経生の任用について(濱道孝尚)
正倉院文書にみえる浄衣(渡部陽子)
天平初期の帳簿―解移牒符案の源流を求めて―(栄原永遠男)
あとがき(桑原祐子)

                      pencil

山下有美氏は天平宝字期の五通の解移牒案を詳細に比較・検討し、作成の経緯や目的を論述します。栄原永遠男氏は天平初期の帳簿の構成や作成の目的を検討し、天平宝字期の解移牒符案にどのように受け継がれたかを追究しています。
国語学からは、方国花氏が「并」字、井上幸氏が訂正符、根来麻子氏が「怠延」、宮川久美氏が「返却」「却還」「還却」「解却」の用法を調べ、その意義を論じています。また中川ゆかり氏は「偁」が「款」と訂正された理由を、桑原祐子氏は「文末の者」が使われた意味を検討しています。
歴史学からは、濱道孝尚氏が「試字」と貢進文から写経生の任用について考察し、渡部陽子氏が浄衣の支給と返却、その縫製や洗濯について細かく論述しています。

« 2016年5月 | トップページ | 2016年9月 »