« 第36回定期研究会が開催されました | トップページ | 『正倉院写経所文書を読みとく』が刊行されました »

2017年10月30日 (月)

『正倉院文書研究』15号が刊行されました

会誌最新号が刊行されました。

                   maple

正倉院文書研究会編『正倉院文書研究』15号
吉川弘文館、2017年10月30日出版 定価:本体6,000円+税

http://www.yoshikawa-k.co.jp/book/b313253.html

                   maple

写経所の財源とその変遷                  市川理恵
東大寺所蔵経巻の検討
―「神護景雲二年御願経」と正倉院文書を手がかりに―
                                  矢越葉子
続々修第四十七帙第一巻の断片復原と基礎的考察  武内美佳
正倉院文書に見える奈良時代の軸について
―生産、供給と需要、流通と交易―
                                   長島由香
写経所における給食の復元                 三舟隆之
正倉院文書ワークショップ参加記             中村憲司
正倉院文書ワークショップ参加記             濱道孝尚
口絵 大般若経(魚養経)巻第二百五十一(解説)   野尻 忠

« 第36回定期研究会が開催されました | トップページ | 『正倉院写経所文書を読みとく』が刊行されました »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1410821/72094460

この記事へのトラックバック一覧です: 『正倉院文書研究』15号が刊行されました:

« 第36回定期研究会が開催されました | トップページ | 『正倉院写経所文書を読みとく』が刊行されました »