« 『正倉院文書研究』15号が刊行されました | トップページ | 「正倉院文書」複製製作クラウドファンディングのおしらせ »

2017年12月25日 (月)

『正倉院写経所文書を読みとく』が刊行されました

正倉院文書の中心をなす〈写経所文書〉、その入門書が刊行されました。

                        snow

Book_2


市川理恵著 『正倉院写経所文書を読みとく』

同成社、2017年12月発行、4,700円(税別)

http://www.douseisha.co.jp/book/b325181.html

                        snow

第1章「帳簿の実例」と、第2章「写経事業の紹介」の、2章構成となっています。

第1章では、写経所で用いられる帳簿のパターンをおさえてしまおう、というもの。複雑にみえる帳簿類ですが、基本的な型を理解すればとっつきやすくなります。実際の文書の様子を写真で確認しつつ読み進めることができ、頻出物品についても正倉院宝物から参考図版がふんだんに掲載されていて、イメージしやすく工夫されています。

第2章では、正倉院文書に見られる写経事業の展開過程を、具体的な事業ごとに整理して、個別に紹介していきます。各事業ごとに、その概要を説明する「解説」、関連する史料や便利な先行研究を紹介する「史料」、議論の焦点とされてきた問題点を論じる「研究動向」からなり、写経所文書研究の現在を手軽に知ることができます。

参考文献や索引も充実しており、写経所文書を読みとく際の〈辞典〉としても、活躍してくれることでしょう。

« 『正倉院文書研究』15号が刊行されました | トップページ | 「正倉院文書」複製製作クラウドファンディングのおしらせ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1410821/72538693

この記事へのトラックバック一覧です: 『正倉院写経所文書を読みとく』が刊行されました:

« 『正倉院文書研究』15号が刊行されました | トップページ | 「正倉院文書」複製製作クラウドファンディングのおしらせ »