2022年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 2022年5月 | トップページ | 2022年8月 »

2022年7月

2022年7月27日 (水)

根津美術館企画展「よめないけど、いいね!根津美術館の書の名品」【終了しました】

根津美術館(東京都港区)で奈良朝写経を含む企画展が開催中です。

             🎠

企画展「よめないけど、いいね!根津美術館の書の名品」

会期:2022年7月16日(土)~8月21日(日)

https://www.nezu-muse.or.jp/jp/exhibition/index.html

※鑑賞するためには日時指定入館券が必要です。

             🎠

奈良時代の古写経、「観世音菩薩受記経(天平六年聖武天皇勅願経)」や「大般若経 巻第二百六十七(神亀五年長屋王願経)」、「根本百一羯磨 巻第六(今更一部経)」などが展示されています。

「観世音菩薩受記経(かんぜおんぼさつじゅききょう))」(重要文化財)は、天平六年(734)の聖武天皇勅願経です。願文に「天平六年」「写経司」「門部王」などとあります。この天平六年聖武勅願経は、光明皇后の写経所で五月一日経が書写されていたころ、聖武天皇の写経所で書写されていました。五月一日経は1000巻ほど現存しますが、聖武勅願経は、「双観無量寿経 巻上」(逸翁美術館)、「仏説七知経」(檀王法林寺)とともに3巻しか現存しません。

「大般若経 巻第二百六十七」(重要文化財)は、神亀五年長屋王願経です。長屋王願経は、和銅五年(712)の和銅経と神亀五年(728)の神亀経があります。ともに無辺無界(界線がない)で、神亀経には日本の古写経には珍しく、巻末に校経列位(書写や校正に携わった人々の名前)が記されています。和銅経は200巻以上現存していますが、神亀経は3、4巻しか現存しません。

「根本百一羯磨(こんぽんひゃくいちこんま) 巻第六」(国宝)は、東大寺写経所において宝亀年間に書写された今更一部経です。「巻第一~四」「巻第七~十」は聖語蔵、「巻第五」は白鶴美術館にあります。正倉院文書から宝亀六年(665)に念林老人が書写したことがわかります。

希少な古写経が展示されています。お見逃しなく。

2022年7月13日 (水)

『正倉院紀要』第44号が刊行されました

『正倉院紀要』第44号が刊行されました。下記サイトから全文閲覧可能です。

https://shosoin.kunaicho.go.jp/bulletin/

                 🌙
 

**** 目次 ****

正倉院の筆と書跡から中国書法を見直す……橋本貴朗

花氈第17号の復元的研究……ジョリー・ジョンソン

模造「笛吹襪」の製作……矢野俊昭

正倉院漆工品にみる研ぎ出し技法について―金銀平文琴の検討を中心に―……山片唯華子

年次報告

                  🌙  

橋本論文は第43号で特集された「筆」の特別調査、ジョンソン論文は第42号で特集された「花氈」の特別調査に関わるもので、あわせて参照されたい。橋本論文は、遊糸など有芯筆にともなう特徴という視点から、中国書法を再検討する。ジョンソン論文は、2020年正倉院展でも動画で紹介され注目された花氈の復元製作の工程の紹介と、そこから得られた所見について論じる。矢野論文では舞楽装束の「襪」(靴下)の模造製作について解説するが、糸をつくって織り、染料をつくって染め、裁断して縫製し、銘文を墨書するという、多くの専門家による総合知としての模造製作の意義がよく伝わってくる。山片論文は、中国唐代に製作された金銀平文琴にみえる加飾技法である平文(ひょうもん)について、関連宝物を含めた詳細な検討をもとに、その技法について論じる。年次報告では、正倉院所在の法隆寺関係染織品についての調査報告もなされている。

« 2022年5月 | トップページ | 2022年8月 »