2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« NHK Eテレでミニ番組「正倉院の扉」が放送されます(続報)【終了しました】 | トップページ | 2024年度定期研究会の予告 »

2024年4月 3日 (水)

静嘉堂@丸の内で、奈良時代古写経が展示されます

静嘉堂文庫美術館(JR東京駅 徒歩5分)において下記特別展が開催されます。

            👓

静嘉堂文庫竣工100年記念 特別展

画鬼 河鍋暁斎 × 鬼才 松浦武四郎 ―「地獄極楽めぐり図」からリアル武四郎涅槃図まで

会期 2024年4月13日(土)~6月9日(日)

https://www.seikado.or.jp/

            👓

古物蒐集でも知られる松浦武四郎ですが、多くの古写経も蒐集し、現在は静嘉堂文庫の所蔵となっています。今回の展示では、武四郎の蒐集品目録『蔵品目録』にも記載される、

・永恩具経(大般若波羅蜜多経 巻第五二六)

・神護景雲経(鞞婆沙 巻第六)

・百万塔陀羅尼

・金光明最勝王経(讃岐切)

などが展示されます。

永恩具経は、興福寺の永恩によって朱の句切点が施され、巻尾に「句切了永恩」と記されています。本品は巻尾に天平二年(730)三月上旬に、右京七条二坊の黄君満侶が写したと書かれています。神護景雲経は、神護景雲二年(768)五月十三日付の願文が記される称徳天皇発願経の一つで、本品は軸や表紙がなく、本文には朱の校合痕がみられます。

そのほかにも、「涅槃講式」や「重文 慈覚大師伝」など、貴重な所蔵品が多く展示されます。

« NHK Eテレでミニ番組「正倉院の扉」が放送されます(続報)【終了しました】 | トップページ | 2024年度定期研究会の予告 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。