2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

展示・講演・シンポ

2017年2月17日 (金)

奈良国立博物館で正倉院文書を展示中【終了しました】

奈良国立博物館の名品展「珠玉の仏教美術」において、3月14日(火)まで、正倉院文書を展示しています。

                         chick

重要文化財「造東大寺司請経牒」1巻

 

写経所で五月一日経の勘経がおこなわれていた時期、平城京内の諸寺院にも勘経の分担を依頼(命令?)することがありました。この文書は、天平勝宝7歳(755)に、写経所の上級官司である造東大寺司が興福寺に宛てて出した牒で、五月一日経96巻分を勘経するため、図書寮経(唐経)の同一巻とともに興福寺へ引き渡すという内容です。(帙単位で渡したため、図書寮経のほうが数が多く、134巻になっている。合計230巻。)
宮崎健司「光明子発願五月一日経の勘経」(同『日本古代の写経と社会』塙書房、二〇〇六年)参照。奈良国立博物館『大遣唐使展』(図録、二〇一〇年)にも図版・解説が掲載されています。

 

そのほか名品展では、五月一日経・大般若経(魚養経)・紫紙金字金光明最勝王経など、いずれも正倉院文書との関連が深い奈良朝写経が展示されています。前述の造東大寺司請経牒も含め、これらは奈良博HP上の「収蔵品データベース」で、鮮明な画像と詳しい説明を見ることができます。
http://www.narahaku.go.jp/exhibition/2017mei/2017mei_101_shoseki.html
(目録「名称」の青い字をクリックすると、収蔵品データベースを参照できます)

2016年9月 5日 (月)

三の丸尚蔵館で正倉院流出文書・奈良朝写経を展示【終了しました】

三の丸尚蔵館と宮内庁書陵部が所蔵する、書の名品を集めた展覧会が開催されます。時代順に3期に分けて展示されるので、奈良朝写経や正倉院流出文書(『正倉院文書拾遺』47写書所解)を見られるのは前期の1カ月弱のみです。忘れずにお出かけください!

 

                           chick

三の丸尚蔵館 第74回 展覧会 「書の美、文字の巧」

共催: 書陵部
会期:2016年9月17日(土)~12月4日(日)
 
前期:9月17日(土)~10月10日(月・祝) ←奈良~鎌倉の展示
 中期:10月15日(土)~11月6日(日)   ←南北朝~江戸
 後期:11月12日(土)~12月4日(日)   ←江戸~大正

http://www.kunaicho.go.jp/event/sannomaru/tenrankai74.htm

↓↓【出品作品リスト】

http://www.kunaicho.go.jp/event/sannomaru/tenrankai74-list.htmll

2016年7月13日 (水)

講演・シンポジウム「漢字文化の受容」が開催されます【終了しました】

奈良県立万葉文化館で講演会、奈良女子大学でシンポジウムが、連続して開催されます。特に後者では、書状という視点からみた正倉院文書をめぐる研究報告を聞くことができるようです。
一般参加の場合は申込手続き不要、研究者として参加の場合には8月16日までに申込みが必要です。詳しくは下記サイトをご覧ください。

http://www.nara-wu.ac.jp/kodai/wakate/wakate2016.pdf

                       loveletter

漢字文化の受容東アジア文化圏からみる手紙の表現と形式―

主催:奈良女子大学古代学学術研究センター
共催:奈良県立万葉文化館
    科学研究費基盤研究B「海外敦煌書儀・六朝尺牘文献の古代日本への受容実態の解明」
(代表:信州大学西一夫)

                       loveletter

公開講演会 日時:8月21日(日)13時~16時30分
         会場:奈良県立万葉文化館
         受付:12時30分~、無料
 
手紙の作法――書儀の実践・応用
    講師:京都大学非常勤講師 山本孝子氏
 
書の筆法から見る木簡・尺牘の世界
    講師:大東文化大学教授 河内利治氏

                       loveletter

シンポジウム 日時:8月22日(月)10時~16時
          会場:奈良女子大学文学系北棟202教室、無料
 
『杜家立成雑書要略』の書儀的表現
    報告者:信州大学教授 西一夫氏
 
書状と公文―正倉院文書の書状をめぐって―
    報告者:九州女子大学教授 奥田俊博氏
 
写経生・実務担当者の選択―「啓」という書式を選ぶ時―
    報告者:奈良学園大学教授 桑原祐子氏
 
古文書と古往来―日本の書札礼の周辺―
    報告者:関西大学教授 乾善彦氏
 
全体討論
    司会:奈良女子大学教授 奥村和美氏

2016年5月30日 (月)

正倉院文書の連続講座が開かれます【終了しました】

『トンボの眼』において、本研究会から講師を派遣し、正倉院文書についての連続講座を開催いたします。

                     pisces
入門解説・正倉院文書
第1回 8月28日(日) 正倉院文書入門(講師:仁藤敦史)
第2回 9月 4日(日) 正倉院文書と東アジア(講師:三上喜孝)
第3回 9月11日(日) 正倉院文書から延喜式へ(講師:小倉慈司)
第4回 9月25日(日) 聖武天皇のお葬式(講師:稲田奈津子)
第5回 10月2日(日) 正倉院文書の楽しさ(講師:山口英男)

いずれも 13時30分~15時30分、全5回、受講料あり
会場は東京都内区立施設の予定です

【詳しくはコチラ↓】
http://www.tonbonome.net/index.php?page=event_ev1608280
                     pisces

ふるってご参加ください。

2016年5月 4日 (水)

宮内庁書陵部収蔵漢籍画像公開記念国際研究集会のおしらせ【終了しました】

宮内庁所蔵漢籍についての研究集会が開催されます。書陵部所蔵の今更一部一切経についての報告もあり、またこの研究集会にあわせて、経巻も含んだ書陵部所蔵漢籍の善本のカラー画像がネット公開されるとのことです。ぜひご参加ください。

                      cat     cat     cat

慶應義塾大学附属研究所斯道文庫では、下記のイベントを共催します。奮ってご参加下さるようお願い申し上げます。

宮内庁書陵部収蔵漢籍画像公開記念国際研究集会
日本における漢籍の伝流
−デジタルアーカイブ「宮内庁書陵部収蔵漢籍集覧」の視角−

日時: 平成28年6月4日(土)10:00〜17:30
会場: 慶應義塾大学三田キャンパス北館ホール
主催: 書陵部漢籍研究成果報告会実行委員会 
http://www.sido.keio.ac.jp/

プログラム:
第Ⅰ部 研究報告Ⅰ 仏典と漢籍旧鈔本
 
「宮内庁書陵部所蔵の聖語蔵関係経巻について」 小倉慈司(国立歴史民俗博物館准教授)
 「『古文孝経』永仁五年写本の問題点」 佐藤道生(慶應義塾大学文学部教授)
第Ⅱ部 講演とシンポジウム「漢籍研究とデジタルアーカイブ」
 「アメリカ合衆国における漢籍研究とデジタルアーカイブ」 マーティン ヘイドラ氏(プリンストン大学東アジア図書館長)
 「韓国伝来漢籍の研究とデジタルアーカイブ」 沈慶昊氏(高麗大学校漢文学科教授)
 「日本漢籍の研究とデジタルアーカイブ」 陳正宏氏(復旦大学古籍整理研究所教授)
 「蔵書概説データベースの効用」高橋智(慶應義塾大学附属研究所斯道文庫教授)
 司会:金 文京(鶴見大学文学部教授・京都大学名誉教授)
第Ⅲ部 研究報告Ⅱ 宋元版と家別け文庫
 「書陵部本宋版論衡について」 矢島明希子(慶應義塾大学附属研究所斯道文庫研究嘱託)
 「徳山毛利家旧蔵「伝奇四十種」所収『楊東来先生批評西遊記』の書名改刻をめぐって―原題は『李卓吾先生批評西遊記』か?―」 上原究一(山梨大学大学院総合研究部准教授)


【参加無料・登録不要】
広く漢籍と、日本文化研究に関心ある皆様のご参加をお待ちしております。

2016年3月14日 (月)

シンポジウム「人文学の知の展開」が開催されます【終了しました】

東京で人間文化研究機構主催のシンポジウムが開催されます。
正倉院事務所の杉本一樹所長と和紙の専門家との対談も予定されており、正倉院の「紙」に関する専門的なお話しを聞くことができそうです。
ウェブサイトによる事前申し込みが必要ですが、直前まで受け付けてくれるようですので、ふるってご参加ください。

                   gemini   gemini   gemini

人間文化研究機構 広領域連携型基幹研究プロジェクト キックオフ・シンポジウム
【人文学の知の展開 健康・地域文化・書物】 開催のご案内

3月19日(土) 港区のコクヨホール(品川駅港南口より徒歩1分)にて上記シンポジウムが開催されます。
参加は無料ですが、お申し込みが必要となります。
詳しい内容・お申込み方法などは下記アドレスよりご覧いただけます。
皆様のご参加をお待ち申し上げております。

http://www.nihu.jp/events/2016/02/15/honbu/160319/

【日 時】平成28年3月19日(土) 10:00~16:30(予定)
【対象者】研究者、一般等   ※事前申込が必要(先着順)
【会 場】コクヨホール(東京都港区港南1丁目8番35号) 
【主 催】人間文化研究機構
【後 援】文部科学省(予定)
【参加費】無料 ※ウェブサイトより事前申込が必要(先着順)
【定員】 300名

■主なプログラム
10:30~11:10講演『アジアにおける「エコヘルス」研究の新展開』
 高田礼人(北海道大学人獣共通感染症リサーチセンター教授、ウイルス学)
11:25~12:15対談『異分野融合による総合書物学の構築』
 長谷川聡 (長谷川和紙工房代表、美濃和紙伝統工芸士)
 杉本一樹 (宮内庁正倉院事務所長、日本古代史・正倉院文書研究)

13:25~14:15対談『日本列島における地域社会変貌・災害からの地域文化の再構築』
 新国勇(只見の自然に学ぶ会代表)
 奥村弘(神戸大学大学院人文学研究科教授、日本近代史・地域遺産の保存活用の実践研究)
14:15~15:15映画上映「うつし世の静寂(しじま)に」※特別編集版
15:25~16:25パネルディスカッション

■概要
人文学の危機が叫ばれる今日、人文学の新たな知のあり方に関心が集まっています。人間文化研究機構は、現代社会の問題解明に向けた総合的な人間文化研究へと人文学の知の展開をはかるべく、平成28年4月より、国内外の研究機関や地域と連携し、広領域の学問分野の協働により新領域を創出する「基幹研究プロジェクト」を始動します。
本シンポジウムは、特に現代社会における「健康」・「地域文化」・「書物」をテーマとして、各分野で先駆的な取組みをされている実践者の方々をお迎えし、自然と人間との向き合い方を改めて問い直し、人間文化の新たな価値の創出に向けた研究の展望を見出します。

2015年9月 2日 (水)

講座「正倉院文書 今年の見どころ」がひらかれます【終了しました】

朝日カルチャーセンター立川において、本研究会から講師を派遣し、今年の正倉院展の「文書」の見どころをレクチャーします。

                   penguin

正倉院展を見に行くなら!

正倉院文書 今年の見どころ

講師:山口英男

日時:10月17日(土) 13時~15時

受講料:有料(下記サイトをご覧ください) 

場所:朝日カルチャーセンター立川教室(東京都立川市曙町2-1-1 ルミネ立川9階)

https://www.asahiculture.jp/tachikawa/course/8283df87-28b5-a828-7d17-55c40e23d9be

                   penguin

ふるってご参加ください。   

2015年6月24日 (水)

京博で「仏法東漸―仏教の典籍と美術―」展が開催されます【終了しました】

京都国立博物館で、奈良朝写経が多数展示される特別展観が開催されます。

                      moon3

特別展観 第100回大蔵会記念「仏法東漸-仏教の典籍と美術-」

会 期:2015年7月29日(水)~9月6日(日)
会 場:京都国立博物館 平成知新館1F
休館日:毎週月曜日 ※ただし月曜日が祝日・休日となる場合は開館し、翌火曜日が休館
※通常展のため、観覧料は大人520円とお得です!

http://www.kyohaku.go.jp/jp/project/daizoe.html 

                      moon3

大蔵経の歴史では、日中韓にかかわる古写経が出品されます。
五月一日経景雲一切経など、奈良朝写経も8点ほどを見ることができます。

奈良博で「白鳳―花ひらく仏教美術―」展が開催【終了しました】

奈良国立博物館で、正倉院流出文書や、その他の奈良時代古文書も展示される特別展が開催されます。

                      snail

開館120年記念特別展「白鳳―花ひらく仏教美術―」

会 期:2015年7月18日(土)~9月23日(水・祝)
会 場:奈良国立博物館 東新館・西新館
休館日:毎週月曜日と7月21日(火)
    ※ただし7月20日(月・祝)、8月10日(月)、9月21日(月・祝)は開館

http://www.narahaku.go.jp/exhibition/2015toku/hakuhou/hakuhou_index.html

                      snail

史上空前の規模で、魅せます!
正倉院流出文書も出ます!
――筑前国嶋郡川辺里大宝二年戸籍(奈良博所蔵)※会期中展示替えあり
それ以外の奈良時代の古文書も出ます!――大安寺伽藍縁起并流記資財帳(歴博所蔵)※会期中展示替えあり
「天皇」木簡も!※展示期間は2週間限定
天理図書館本『日本書紀』も!(戦国時代の写本)
七大寺日記、七大寺巡礼私記も! ※会期中展示替えあり
玉葉、類聚三代格、扶桑略記も展示されます(近世・近代の写本・版本)

                      snail

【以下、終了しました】

また現在、奈良博では初公開の古代文書を展示中です(~6月28日(日)まで)
天永二年東大寺注進状案(遠江国条里坪付帳断簡紙背) 1巻
本文書は、最近館蔵品に加わったもので、『平安遺文』4巻1591頁の1756には松浦厚氏所蔵として掲載されているものです。
これには紙背文書があり「遠江倉印」が捺されています。詳しくは皆川完一「幻の遠江倉印」(『正倉院文書と古代中世史料の研究』吉川弘文館、2012年所収)をご参照ください。

2015年6月10日 (水)

立川で正倉院文書の連続講座がひらかれます【終了しました】

朝日カルチャーセンター立川において、本研究会から講師を派遣し、正倉院文書についての連続講座を開催いたします。

                           snail

正倉院文書は宝の山―史料で読み解く奈良時代―

第1回 7月29日(水) 正倉院文書は宝の山(講師:山口英男)

第2回 8月19日(水) 聖武天皇のお葬式(講師:稲田奈津子)

第3回  9月2日(水) 正倉院文書・宝物に見える国際性(講師:田島公)

※参考書『日本史の森をゆく―史料が語るとっておきの42話』(中公新書、2014年)

いずれも 13時~15時、全3回、受講料あり

会場は朝日カルチャー立川教室(〒190-0012 東京都立川市曙町2-1-1 ルミネ立川9階)

https://www.asahiculture.jp/tachikawa/course/a1491639-db26-f149-4779-554454ef7da2

                           snail

ふるってご参加ください。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー